葉酸サプリメントの摂取方法と効果

葉酸サプリを摂取すべき理由

葉酸サプリは一般的に妊娠したい人や妊婦や授乳期などに必要となるものです。
厚生労働相などでもその必要性が今告知されています。

 

まず葉酸はなかなか食物から摂取できにくいものなのです。
ある程度摂取することもできるのですが、限度があります。

 

その点サプリメントでしたら
葉酸を凝縮しているために日頃の食事に加えるだけで葉酸を接収することができます。

 

ただサプリメントを飲むときには注意が必要です。
どのようなものでもいいということは、決してありません。

 

  • 添加物の問題
  • 過剰摂取への注意

 

例えば添加物が多く含まれてるものでしたら
その作用によって逆に妊娠活動に支障をきたしてしまうこともあります。

 

ですのでできるだけ天然成分の配合されたものを選ぶようにしてください。
葉酸サプリメントランキングなどを頼りに、なるべく安全なものを探すようにしましょう。

 

そしてさらに大事なのは過剰摂取です。
食物の場合は過剰摂取になることはないのですがサプリメントの場合には沢山飲みますと過剰摂取になってしまいます。
この場合には食欲不振や吐き気や不眠所を起こしてしまうのです。

 

他にも妊娠している場合には喘息になるというケースもあります。
必要となる成分ではあるものの何でも摂取しすぎますと毒になりますのでよく容量を守って飲むようにしてください。

 

沢山飲みすぎてしまう危険性が心配でしたら過剰摂取に対応したものを選ぶのもおすすめです。
大体は天然の成分でできているのですが副作用がでにくくなっているのです。
不要だと思う場合には飲まなくてもいいのですがより健康になりたいならおすすめです。

 

 

サプリメント選びで注意すべきポイント

 

妊娠中のお母さんにとって必要な栄養素の一つに葉酸があります。
妊婦さんにとって必要不可欠な栄養として、
厚生労働省も積極的に摂るように推奨していることからも分かります。

 

しかし、葉酸を食材で摂取しようとすると、
なかなか補いきれないため、サプリメントで補うことが大切
なのです。

 

しかし、妊娠中に摂取するということで、これから生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、
サプリメントの選び方にも注意しなくれはいけません。

 

幸い、葉酸のサプリメントはたくさん販売されていまうし、妊婦専用サプリメントも発売されています。
しかし、何を基準にして選んでいけばいいのかとなると悩んでしまうお母さんも多いはずです。

 

葉酸サプリメントの選び方でまず注意したいのが安全性です。

 

サプリといえども食品添加物が配合されている商品もあるため注意が必要です。
無添加、無着色といったように、なるべく天然成分しか配合されていない商品を選ぶことがポイントとなります。

 

しかし、天然かどうかは成分表を見ても分からないことが多いため、
ドラッグストアなどで商品を選ぶ前に、
ネットで葉酸サプリメントの口コミや評判をあらかじめ調べておくといいでしょう。

 

また、葉酸サプリには葉酸以外にも栄養成分が配合してあることもあります。

 

特に妊婦専用のサプリメントには亜鉛やビタミン類といった妊娠中に不足しがちな栄養が含まれていることが多いため、
どんな成分がはいっているのかもしっかりとチェックして、栄養を摂り過ぎないように気をつけることも大切です。


葉酸はビタミンB群の仲間で、
主に酵母や牛・豚のレバー、胚芽、ホウレンソウ、
アズキ、ジャガイモなどの食材に含まれています。

 

この栄養素を摂取することには、様々な効果が期待できます。

 

葉酸の摂取で期待できる効果

  • 悪性貧血の予防
  • 気分の落ち込みの改善
  • 動脈硬化の予防
  • 子宮頸がんのリスク低減

例えば、赤血球が巨大になって正常に機能しなくなることによって起こる「悪性貧血」を予防してくれます。

 

一般的に知られている貧血は鉄分不足が原因によるものがほとんどですが、
悪性貧血の場合は、葉酸が不足した場合に起こります

 

これをしっかり摂取することで、まともな赤血球ができるようになり、悪性貧血を防げるのです。

 

また、気分の落ち込みを改善する効果があることもわかっています。

 

実際、精神科に入院していた患者123人の血液を調べたところ、
そのおよそ半数が葉酸不足であることがわかり、彼等に6ヶ月間これを与えた結果、気分の向上が見られた、
というイギリスのキングスカレッジ病院からの調査報告があります。

 

また、最新の研究によれば、
葉酸が不足するとホモシステイン(悪玉アミノ酸)という物質が増加することがわかっています。

 

このホモシステインには、血管壁を傷つけて動脈硬化を誘発する恐れがあります。
逆に言えば、葉酸を摂取することは動脈硬化の予防につながるのです。

 

その他にも、脊椎の一部が左右に分割する「二分脊椎症」という発達障害を防いだり、
胎児の知能の発達の手助けをすることもわかっています。

 

つまり、葉酸は赤ちゃんがすこやかに生まれるためには必須の栄養素であり、
同時に赤ちゃんの生みの親に当たる妊婦さんにっとても必須の栄養素なのです。

続きを読む≫ 2015/03/07 08:48:07

貧血に効果的とされる葉酸ですが、
その他の薬との飲み合わせに注意をする必要があります。

 

これは他の薬に影響を受けてしまい葉酸の効果が薄れてしまう報告があるからです。

 

葉酸に影響を与える主な薬

  • コレスチポル
  • バルビツール
  • メトトレキサート
  • フェノバルビタール
  • クロラムフェニコール
  • 経口避妊薬のピル
  • アスピリン

 

具体的には、胆汁酸吸収剤でありますコレスチポルや睡眠薬のバルビツール、
抗がん剤のメトトレキサートや抗けいれん薬のフェノバルビタール、
抗生物質のクロラムフェニコールや経口避妊薬のピル、
そして解熱鎮痛薬の代表格でありますアスピリンなどが挙げられております。

 

葉酸とこれらの薬との飲み合わせは良くないとされておりまして、
万一飲み合わせてしまいますと葉酸の吸収効率が低下してしまい、
十分な効果を得る事が難しくなる
と考えられております。

 

しかしながらこれらの薬との飲み合わせが必要な場合には、
極力同時に服用するのは避けて時間をずらして服用するようにする必要があるとされております。

 

具体的な時間としましては4時間が目安とされておりまして、
4時間以上空けてから服用するようにすれば飲み合わせの影響は出にくいとされております。

 

この葉酸の代表的な効能としましては貧血の改善があるのですが、
さらに妊娠中の方にも推奨されております。

 

その理由としましては
葉酸が胎児の細胞を生成して健やかな発育を補助する働きがあることや、
不足してしまいますと先天性な異常を引き起こしてしまう恐れがあることが報告されているからなのであります。

 

さらに授乳期におきましても良質な母乳のためには葉酸の積極的な摂取が推奨されております。

続きを読む≫ 2015/03/07 00:39:07

葉酸は水溶性ビタミンの一種で健康な血をつくるのに重要な役割を果たします。

 

毎日一定量を取るのが健康を保つために望ましく
特に妊娠中の女性は大目に摂る事が奨励されています。

 

美容上の観点からも大切な栄養素粘膜を健康な状態にキープし、
素肌の血色を良くする
うえ、抵抗力を高め外界の刺激から守ります。

 

また細胞が新しく分裂する際補酵素としての役割を果たすため、
健康な代謝を補助する点で間接的には活性酸素を発生しにくくし、
アンチエイジングの作用もあります。

 

不足すると貧血になりやすく顔色が悪くなって肌がくすみ、
角質層のターンオーバーが滞るのでシミができたり目立ちがちになります。

 

体内の機能が正常に動くためには葉酸は必須不可欠であり
腸の吸収作用にも影響があるため、いらない老廃物を効率的に排出。

 

きちんと必要な栄養素を肌に送るため継続的にきちんと摂る事が必要で、
その結果肌内部のターンオーバーも正常化し弾力のある柔らかい素肌を作るのに役立ちます

 

ダイエットの観点からもストレスに強く疲れにくくなることで
活動量も増えるので美容体重の維持もつながります。

 

緑黄色野菜やフルーツに多く含まれていますが、葉酸は酸化しやすく長期の保存には向いていません。

 

食事だけでは十分でない場合サプリメントなどで補う事もできますが、
ビタミンCと一緒に摂取した方が相乗効果があります

 

体の内外両方の美容をサポートする葉酸ですが
過剰な摂取は逆効果になります。

続きを読む≫ 2015/03/07 00:32:07

葉酸は胎児の健康な成長に必要な物質として知られ、
妊娠中の女性は積極的に摂ることが推奨されています。

 

また、葉酸には、動脈硬化を促進させる
ホモシステインという物質の増加を抑制する効果があることが知られるようになり、
生活習慣病の予防にも効果的な栄養素としても注目されています。

 

葉酸は様々な食品に含まれていますが、
特にレバー(鶏、豚、牛)やうなぎの肝、ウニ、などに多く含まれています

 

とはいえ、これらの食品は苦手な方も少なくなく、
高価な食べ物が多いので、毎日食べるならばより安くて食べやすいものを選ぶべきでしょう。

 

毎日食べられる食品

  • ほうれん草
  • アスパラガス
  • ブロッコリー
  • 枝豆
  • 納豆
  • きなこ

ほうれん草やアスパラガス、ブロッコリーなどの緑色野菜は葉酸が豊富で、
健康維持の大切なビタミン・ミネラル、腸内環境を整える食物繊維も多く含まれており、
毎日の食事でも食べやすいので、お勧めの食品といえます。

 

葉酸は大豆にも多く含まれているので、
枝豆や納豆、きなこといった大豆製品を食べると効率良く摂取できます。

 

特に、納豆は安くて食べやすく、良質なたんぱく質や食物繊維に加え、
血流をスムーズにするナットウキナーゼという成分も豊富
に含まれているので、
妊娠中の女性や生活習慣病が不安な方は、毎日朝食に納豆を食べることをお勧めします。

 

朝食をパンなどの手軽な洋食で済ませているという方は、
牛乳にきなこをたっぷり溶かしても飲むなど工夫しましょう。

 

このように、葉酸は食べやすい食品をうまく毎日の食事に取り入れて
不足しないようにしっかりと摂取することが大切です。

 

なお、食品としてはあまり一般的ではありませんが、
クマザサには、葉酸を初め、βカロチン、鉄、カルシウムなどの
健康維持に必要で妊娠中に不足しがちな栄養素がバランスよく含まれています

 

現在ではクマザサを主原料にした青汁が販売されているので、
食欲がないときや忙しくて十分に食事が摂れないときなどにお勧めです。

続きを読む≫ 2015/03/07 00:11:07

葉酸とはビタミンB群のひとつで、水溶性のビタミンです。

 

ほうれん草から発見されたことから、葉酸と呼ばれていて私たちの体を構成するとても大切な成分のタンパク質や、
遺伝情報を伝える核酸の合成を助ける働きをしたり、赤血球の形成にも重要なかかわりを持っています。

 

葉酸は体内では生成することのできない成分で、
ほうれん草や大豆などに多く含まれ食事などによって体内に取り入れるものです。

 

しかし水溶性であるため調理の段階で損なわれてしまうことも多く不足しがちな成分でもあります。

 

不足して葉酸欠乏症を起こしてしまうと・・・

 

  • 口内炎
  • 舌炎
  • 疲労
  • 悪性貧血
  • 脳梗塞
  • 認知症
  • 骨粗しょう症

 

皮膚や口内粘膜の細胞分裂に関わる成分でもあるので口内炎や舌炎などを起こしてしまうことがあります。

 

そのほかにも欠乏症になると、
うまく赤血球が熟成できなくなってしまうために疲れやすくなってしまったり、悪性の貧血を起こしてしまうこともあります。

 

さらに、動脈硬化の危険因子でもあるホモシステインが増えてしまうことで、
脳梗塞や認知症、骨粗しょう症などを発症してしまう可能性も高まります。

 

こういった欠乏症を予防するためにも葉酸は意識して取りたい成分で、
お酒を良く飲む人や野菜嫌い、偏った食生活の人、健康な生活を送りたいと言う人などは特に毎日取りたい成分です。

 

葉酸は葉物野菜などに含まれていますが水に溶けやすく、
熱にも弱いので食事ではなかなか補うのが難しいため、サプリメントなどを利用すると効率的に補うことができます。

続きを読む≫ 2015/03/06 23:55:06

妊娠中だけでなく、妊娠したいベビ待ちの人にも取った方がいいとされている葉酸。
この葉酸、1日にどのくらい取ったらいいのかといった推奨摂取量については知られていないようです。

 

独立行政法人国民生活センターの調査によると、
推奨量は1日240マイクログラム。以前は200マイクログラムだったのが、見直されました
それだけ、重要な栄養素だということですね。

 

妊娠時は、その倍となる480マイクログラムを目標に摂るのが良いそうです。

 

そのため、妊婦さんの場合、現在の推奨摂取量は妊婦だと480マイクログラム。
多く摂取したとしても、水溶性で尿に流れていってしまうので、
480マイクログラムよりも多くの葉酸を摂取するのがいいでしょう。

 

妊娠中は、胎児の細胞を作ってくれるとも言われる成分なので、毎日、摂取したいところです。

 

ほうれん草や小松菜に含まれている物質ですが、毎日、ずっとほうれん草、小松菜を摂るのは大変です。
そのため、サプリメントも常備して毎日飲むようにしていくのがいいかもしれません。

 

また、先ほど、葉酸は水溶性と書きましたが、多く摂ってもいい便利さとは別に、注意すべきことがあります。
それは、調理法です。

 

ほうれん草、小松菜はおひたしにすることが多いと思います。
ですが、水で茹でてしまうとせっかくの葉酸が水へ流れてしまい、
食べる時には茹でる前よりも格段に減ってしまう場合もあります。

 

そのため、グリーンスムージーにして生のほうれん草を入れて水分も一緒に摂る
水は少量にして蒸して調理する、カレーやスープに入れて全て食べてしまうなど工夫も必要です。
また、市販のグリーンスムージーをサプリメント替わりにするのも良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/06 23:53:06

子どもが欲しいと思うのは人間であれば当然の心理だと言えます。
自分の遺伝子を残すことは、自分の生きた証をこの世の中に刻むことでもあるのです。

 

また自分のDNAをもった子どもに無償の愛を注げること以上に幸せなことは他にないと言えるのです。
また自分がこの世に存在することは、親や祖父母、その先の先祖の愛のバトンリレーの結果であり、
自分もそのバトンを子孫に渡していかなければいけないのです。

 

このように子どもを強く欲しいと願っていても、なかなか子宝に恵まれない人もいるのです。
現代は男性側の精子のパワーが弱まっていたり、女性側の胎盤や子宮が不安定であることも多いのです。

 

これは現代人の栄養の偏りが影響しているとも言えるのです。

 

なかでも葉酸という栄養素が不足していて精子の力の弱さ、子宮の不安定をもたらしていると言えるのです。
そのためどうしても妊娠を強く望むのであれば葉酸を積極的に摂取すべきだと言えるのです。

 

しかし食生活で葉酸を大量に摂取するのは不可能に近いのです。
そのため葉酸サプリメントなどを用いることが大事
なのです。
葉酸サプリメントには厚生労働省が妊娠に必要として推奨する量を充分含んでおり、効果的に摂取することが可能なのです。

 

葉酸サプリメントを毎日飲むことで、流産や早産しにくい丈夫な子宮や胎盤を作ることが期待できるのです。
また精子の蠕動運動も促進することが期待でき、妊娠しやすい体作りを期待することもできるのです。

続きを読む≫ 2015/03/06 23:36:06

葉酸はビタミンB群に属する水溶性の生理活性物質で
健康な血を作ったり細胞分裂の際に大切な役割を果たしますが、体内で合成する事はできません。

 

粘膜の正常化や抵抗力を強くするために必要な葉酸は普段から摂りつづける事が望ましいとされています。
特に妊娠初期には重要度が増し、多めに体内に補充しておく事が母体と赤ちゃん両方の健康のために必要です。

 

お腹の赤ちゃんの脳や神経は妊娠3か月くらいまでに基礎が形成されます。
そのためこの時期に葉酸が不足すると活発な細胞分裂に必要なDNA合成がうまくいまず、
先天的な異常を持つ子供が生まれるリスクをあげてしまいます。

 

また身体の各器官を正しく機能させる葉酸は十分に摂れていないと
母体側も抵抗力が弱るため、病気にかかりやすくなったり貧血を起こしやすくなります。

 

このような状態では新陳代謝能力も低下するので有害物質の排出もうまくいかず血液の状態が悪化します。
母体を丈夫に保ち必要な栄養素を滞りなく赤ちゃんに届けるために意識して摂るべき栄養素です。

 

葉酸は水溶性のため、身体の中に長くとどめておくことができず酸化しやすいので、
常に新鮮な状態のものを補充するように心がけましょう。

 

果物や緑黄色野菜に多く含まれており、ビタミンCと合わせる事で相乗効果が高まりますが、
食事だけでは十分でない場合サプリメントで補う事も可能です。

 

一度にあまり多く取りすぎると逆に副作用があるので規定量は守ることが大切です。

続きを読む≫ 2015/03/06 23:02:06

女性だけではなく、男性にとっても葉酸を摂取することは、
体に対して有効に働いてくれます。

 

現代社会にとっては、しっかりと働いていくことが必要になり、
そのためには体の健康が重要になるのです。

 

滋養強壮を高めたり、また精力を増強させることも大切になります。
葉酸はこの滋養強壮と精力の増強に対して有効に働いてくれるのです。

 

葉酸を摂取することにより、細胞の新陳代謝を促進させることができるのです。
新陳代謝を促進させることにより、体内の働きを活発にさせることができます。

 

その結果体を動かしやすい状態を作り出すことができるために、滋養強壮に有効に働いてくれるのです。

 

また葉酸においては造血作用があります。
そのため貧血気味の男性にとっては、役に立つのです。
現代においては、女性だけではなく、生活環境の乱れにより、男性も貧血になりやすいのです。

 

その理由としては、不規則な生活や、食事のバランスが乱れることにより、
食事から得られる栄養素の量が少なく、血を上手く作ることができなくなってしまっているからです。
なので葉酸を摂取することが有効なのです。

 

葉酸は心臓病の原因となってしまう、ホモシステインの濃度を下げてくれる働きがあります。
そのため普段から心臓の弱い方にとっては、葉酸を摂取することは、
心臓のケアにつながるためにおすすめです。

 

現代においては心臓に負担がかかる場面が多いために、特に男性に必要な栄養素なのです。

続きを読む≫ 2015/03/05 08:56:05