胎児への葉酸の働き

お腹の赤ちゃんに対する葉酸の作用

葉酸はビタミンB群に属する水溶性の生理活性物質で
健康な血を作ったり細胞分裂の際に大切な役割を果たしますが、体内で合成する事はできません。

 

粘膜の正常化や抵抗力を強くするために必要な葉酸は普段から摂りつづける事が望ましいとされています。
特に妊娠初期には重要度が増し、多めに体内に補充しておく事が母体と赤ちゃん両方の健康のために必要です。

 

お腹の赤ちゃんの脳や神経は妊娠3か月くらいまでに基礎が形成されます。
そのためこの時期に葉酸が不足すると活発な細胞分裂に必要なDNA合成がうまくいまず、
先天的な異常を持つ子供が生まれるリスクをあげてしまいます。

 

また身体の各器官を正しく機能させる葉酸は十分に摂れていないと
母体側も抵抗力が弱るため、病気にかかりやすくなったり貧血を起こしやすくなります。

 

このような状態では新陳代謝能力も低下するので有害物質の排出もうまくいかず血液の状態が悪化します。
母体を丈夫に保ち必要な栄養素を滞りなく赤ちゃんに届けるために意識して摂るべき栄養素です。

 

葉酸は水溶性のため、身体の中に長くとどめておくことができず酸化しやすいので、
常に新鮮な状態のものを補充するように心がけましょう。

 

果物や緑黄色野菜に多く含まれており、ビタミンCと合わせる事で相乗効果が高まりますが、
食事だけでは十分でない場合サプリメントで補う事も可能です。

 

一度にあまり多く取りすぎると逆に副作用があるので規定量は守ることが大切です。

授乳中も葉酸は大切な成分です

葉酸は水溶性のビタミンで、妊娠準備中の女性や妊婦には積極的に取りましょうといわれる成分です。
それは葉酸には赤ちゃんの成長にとってとても大切な役割を担っていて、細胞分裂になくてはならない成分だからです。

 

また、神経管閉鎖障害と言う病気に効果的な成分で、
赤ちゃんの神経管がうまく作れられずに障害が出るのを予防する効果があり、
そういったことから妊娠準備中の女性や妊婦には大切な成分と言われているのです。

 

また妊娠中だけではなく、授乳中の女性にも葉酸は大切な成分です。

 

母乳で育つ赤ちゃんは、お母さんが食べたものの栄養の影響を大きく受けます。
赤ちゃんは母乳を与えてもらうことで、毎日すくすくと成長していき、細胞がどんどん入れ替わって大きく育っていきます。

 

胎児のときとは違って、神経系の異常など深刻な状態につながると言うものではないですが、
赤ちゃんの成長にも葉酸は欠かすことができません。

 

それは葉酸は代謝にも大きく関わっていますし、細胞が新しく作られていくのにも必要なものだからです。
赤ちゃんの健やかな成長のためにも授乳中の女性も葉酸を意識してとるようすることが大切です。

 

また、お母さんに栄養が少ないと十分な血液が作られないため、貧血になってしまうことがあります。
授乳中は赤ちゃんに栄養をたくさん取られてしまうので、しっかりと栄養を補給することが大切です。

 

葉酸はほうれん草や大豆に多く含まれ食事でもとることはできますが、
水溶性で調理のときに損なわれることも多いので、サプリメントなどで効率的に補うのも良い方法です。