葉酸サプリメントの摂取期間

妊娠したければ葉酸サプリを飲もう

子どもが欲しいと思うのは人間であれば当然の心理だと言えます。
自分の遺伝子を残すことは、自分の生きた証をこの世の中に刻むことでもあるのです。

 

また自分のDNAをもった子どもに無償の愛を注げること以上に幸せなことは他にないと言えるのです。
また自分がこの世に存在することは、親や祖父母、その先の先祖の愛のバトンリレーの結果であり、
自分もそのバトンを子孫に渡していかなければいけないのです。

 

このように子どもを強く欲しいと願っていても、なかなか子宝に恵まれない人もいるのです。
現代は男性側の精子のパワーが弱まっていたり、女性側の胎盤や子宮が不安定であることも多いのです。

 

これは現代人の栄養の偏りが影響しているとも言えるのです。

 

なかでも葉酸という栄養素が不足していて精子の力の弱さ、子宮の不安定をもたらしていると言えるのです。
そのためどうしても妊娠を強く望むのであれば葉酸を積極的に摂取すべきだと言えるのです。

 

しかし食生活で葉酸を大量に摂取するのは不可能に近いのです。
そのため葉酸サプリメントなどを用いることが大事
なのです。
葉酸サプリメントには厚生労働省が妊娠に必要として推奨する量を充分含んでおり、効果的に摂取することが可能なのです。

 

葉酸サプリメントを毎日飲むことで、流産や早産しにくい丈夫な子宮や胎盤を作ることが期待できるのです。
また精子の蠕動運動も促進することが期待でき、妊娠しやすい体作りを期待することもできるのです。

葉酸の摂取はいつまですればいいの?

現在妊活をしている方に知っておいてほしい栄養素の一つに葉酸があります。
妊娠してから必須の栄養素となる葉酸は、なるべく積極的に摂取することが望ましいとされえいます。

 

そのため、食事でなくてもサプリメントでの服用も有効で、妊娠している方だけでなく、
妊活している方にも、すぐにでも摂取する習慣をつけておくことをおすすめます。

 

しかし、妊婦さんにとって、必須の栄養とはいっても、どのくらいの期間摂取すればいいのでしょうか。

 

目安としては、妊活中の方でしたら、サプリメントに記載されている用量を守って服用していけばいいのですが、問題は妊娠中の方です。
一般的には妊娠初期まではサプリメントで補っても問題ないとされているのですが、
それ以降は、あまりサプリメントからの摂取は控えた方がいいという意見もあります。

 

というのも、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳期間まではとても必須の栄養素であることは間違いないのですが、
サプリメントで摂取し続けた場合、子供の喘息になる確率が高いという報告があります。

 

そのため、妊娠中期以降は、なるべく普段の食事から摂るようにするのが望ましいといえます。
また、葉酸サプリを妊娠中も摂取し続けていいのかどうか不安な方は、産婦人科の先生に相談してみてもいいと思います。

 

食事で摂る場合、葉酸が多く含まれている食材としてレバーやうなぎ、緑黄色野菜に多く含まれています。

 

妊娠中は体調がすぐれないこともあって、レバーやうなぎをうけつけないこともありますので、
野菜中心の食生活を心がけるようにするとよいでしょう。